募集・選考について

Q 募集はいつから始まりますか。募集はどのような方法で行われるのですか。

A 2018年12月27日(木)に第二回説明会を行います。募集はその後から、本ウェブサイト上で開始します。

Q 募集定員の40人というのはⅠ期・Ⅱ期合計の人数ですか。

A はい。Ⅰ期およびⅡ期で合計40人を募集しています。

Q UBCのコースの詳しい内容はわかりますか。

A コースの詳細については、UBCのウェブサイトをご覧ください。

Q UBCのコースは、コースによって難易度が異なるのですか。

A いいえ。難易度はどれも同程度です。応募者の希望の時期や内容に応じてお申し込みください。

Q 40名の募集に対して、何倍くらいの競争率になりそうですか。

A 応募者数については公表していません。

Q SGH指定校・アソシエイトではない学校からも応募できますか。

A 2018年より筑波‐UBCグローバルリーダーズ・プログラムはSGH指定校・アソシエイトではない学校にも募集対象を広げています。

研修生について

Q 過去の筑波‐UBCグローバルリーダーズ・プログラムではどの学年の生徒が多かったですか。

A 研修生のうち、1年生が4割、2年生が5割、3年生が1割でした。

Q 過去の筑波‐UBCグローバルリーダーズ・プログラムでは帰国子女や留学経験のある研修生が多かったですか。

A 研修生のうち、帰国子女が1割、IB(国際バカロレア)コースの方たちが1割でした。

プログラム費等について

Q プログラム費の支払時期はいつごろになりますか。分割払いはできますか。

A プログラム費の支払時期は2019年3月ごろを予定しております。分割払いはできません。

Q 2018年まではTOEFL iBTテスト受験料がプログラム費に含まれていましたが、2019年は実施しないのでしょうか。

A はい。2019年はプログラム費を抑えるため、TOEFL iBTは実施いたしません。

Q 合格発表後、キャンセルはいつまで可能ですか。

A プログラム費(返金手続きに必要な諸経費を除く)が返金されるキャンセル期限については、合格者に別途お知らせします。

Q 文部科学省が行っているトビタテ!留学JAPANの奨学金を利用できますか。

A 過去の筑波‐UBCグローバルリーダーズ・プログラムでは、トビタテ!留学JAPANの奨学金を申請された方もいました。申請等はご自身が行ってください。詳細についてもご自身で確認してください。

筑波大学東京キャンパス文京校舎での研修について

Q 毎週土曜日に学校の授業等があり事前研修に遅刻してしまうのですが、大丈夫ですか。

A 研修内容は全課程に参加していただくことを前提に講師が計画を作っています。最大限の効果を得るためには、きちんと出席していただくことが大切です。

UBCでの研修について

Q UBC研修の最終日に家族と現地で合流し、研修グループとは別便で帰国することはできますか。

A 羽田空港解散時までがUBC研修の一環です。特別な事情以外、全日程において個人的な理由による別行動は認めておりません。 

Q バンクーバーへの航空券は、特典航空券などを使って自分で手配してもよいですか。

A 羽田‐バンクーバー往復の航空券は、団体で申し込みをした航空券以外ご利用いただけません。

 

2018年筑波−UBCグローバルリーダーズ・プログラムの詳しい様子はこちらからご覧ください。