フィードバック

IMG_2745

修了生の声

  • 大学教授の先生に直接お会いして質問できることはなかなかないと思うので、とても良い機会になりました。また、外国の仲間とコミュニケーションをとれたことは自分にとって強みになりました。
  • 普通の旅行では行けない大学や高校を訪問できた。実際の授業を受けて文化や教育の違いを肌で感じたりして、面白かった。
  • 全国から集まってきたメンバーからたくさんの刺激を受けた。夜の振り返りでは、みんながすごくいい意見を持っていた。
  • 日米の教育の実態の違いについて学んだあとで、日本人同士でディスカッションできたことが良かった。先生を交えて夜にホテルで行った討論がとても印象的だった。また同じ方向を目指す女子だけのプログラムというのが、心のうちから話しやすい環境だった。
  • 時間に余裕があって休憩が取れた。BBQ楽しかった。
  • 前半に環境調査、後半に現地の学生との交流、とメリハリがあり、とてもよかった。
  • 現地高校生との交流の時間はさらにあるといいと思いました。
  • 地学的なところをもっと見たかったです!(天候のせいなのでしょうがない・・・)
  • 地熱発電所と大学での英語は日常生活レベルを超えていて聞き取れず、内容があまりわからなかった。
  • すごーーく楽しかったです!事前研修では緊張していたものの、先生のノリもよくて、最初から最後まで本当に充実していました。
  • たったの9日間で自分自身ここまで学びに対する考え方が変わると思っていなかった。日米の教育の違いを目の当たりにして、すごくアメリカ型の教育にあこがれた。自由な雰囲気なのが、とても居心地がよさそう。受験、受験、と言われている中で、大学生になった後の将来が見通せた気がした。海外の大学に興味がわいた。
  • この研修を通して、自分自身大きく成長できたように感じた。学習に対する考え方を、アメリカの学生からだけでなく、一緒に参加したメンバーからも学べた。

保護者の声

  • 本人が非常に満足して帰ってきました。組まれていた現地調査等はもちろんですが、Harvey Mudd College やクレアモント高校での時間は、想像以上に有意義なものだったということです。そして、何よりも、一緒に参加した、全国から集まった同じ志のリケジョたちと知り合い、交流できたことで、本人が非常に刺激を受けたようです。みんなと話し合ったことの中身がとても深く、自分もよく考えることができ、とても心地よい時間だったと申しておりました。
  • 短い期間でしたが、途中で帰国したくないと思うほど充実していたようです。このプログラムで一緒に過ごした友達とは今後もつながっていくといいなと思います。このプログラムに参加できてよかったです。
  • 楽しい体験や衝撃を受けたことについて、たくさんの話を聞かせてくれました。日本で常識とされていることとの差を強く感じることができ、広い視点で物事を考えることを学べたようです。特に「アメリカの大学で試される学力は自分自身で学ぶことができる力」だということを知り、学びに対する姿勢が大きく変化しました。
  • 海外の文化に触れたい、研究姿勢を学びたいという願望があった娘には本当に良い機会でした。理系志望の子ですが、生物学などの一分野だけでなく、人間の文化や営みまでを総合的にとらえて研究していきたいと思っている(と思われる)娘には、このプログラムは良い経験であり、将来につながる入り口を見せてくださったと感じております。
  • 国内の様々な地域の同世代の生徒の皆さんと交流できて有意義でした。英語での授業が難しく、英語力をもっと高める必要性を感じたようでした。